お役立ち情報2019年05月23日

IWC 時計探訪 ~有名ブランドの歴史を知ろう~ Vol.15

**** IWC ****

創業者はアメリカ・ボストン出身のフロレンタイン・アリオスト・ジョーンズ。
エンジニアであり時計技師でもあった彼は、とりたてて産業のなかった街、ドイツの国境に近いスイスの「シャフハウセン」でIWCを設立し時計作りの盛んな街へと変えていきました。
ドイツ特有の質実剛健なモノ作りとスイスに伝わる時計製造技術が混ざり合うシャフハウセンで創業者の開拓精神を受け継ぐ時計ブランドとなりました。
フロレンタイン・アリオスト・ジョーンズ
1868年に懐中時計の製造を開始し1884年に初のデジタル表示式ポケットウオッチの製作
デジタル表示式ポケットウオッチ
小型懐中時計用ムーブメントを使用し始め1936年に回転ベゼルと耐磁ムーブメントを備えたパイロットウォッチを発表。1939年に懐中時計用の大型ム-ブメントを「ボルトギ-ゼ」が誕生。センタ-秒針付きの「ビック・パイロット・ウォッチ52T.S.C」を開発し耐磁性能を向上させ「マ-クXI」を開発。
ボルトギ-ゼマ-クXI
1965年に耐磁設計によるIWC初のペラント自動巻き機構搭載のインヂュニアを開発。20気圧防水を備えたアクアタイマ-の発表ヨットクラブ・オ-トマティックの発表。
インヂュニアアクアタイマ-
2000m防水のチタニウム製ダイバ-ズ「オーシャン2000」をポルシェと共同開発。懐中時計の時代より長い緩急針を備えた「ジョ-ンズ・キャリバ-」などの名作を数多く手がけ、名声を獲得してきた20世紀に腕時計の開発を中心に移ると勢いは更に加速「パイロット・ウォッチ」や創業125周年に「ポルトギ-ゼ」を1000本限定で生産。
オーシャン2000ポルトギ-ゼ2
140周年の節目にヴィンテ-ジコレクションを発表。
2013年にメルセデスAMGペトロナスF1チ-ムと技術提携を結び「インヂュニア」がモデルチェンジし、ガラパコス諸島をテ-マに「アクアタイマ-」がフルモデルチェンジ、パイロット・ウォッチが「マ-クXVⅢ」の世代へリニュ-アル。傑作を次々と世に送り出してきました。その中でも語り継がれる名作が、2017年に10年ぶりのリニュ-アル「ダ・ヴィンチ」です。このモデルは、六角形ケ-スを特徴とする高級時計で、1969年に発表。きっかけは、当時チ-フ設計者だったクルト・クラウスが考案した永久カレンダ-とム-ンフェイス表示、4桁の西暦表示を機械式クロノブラフに統合し、すべての調整をリュ-ズで操作可能にしたメケニズムは、当時の複雑時計の中でも実用的な時計でした。これが、レオナルド・ダ・ヴィンチが愛した「円」をモチ-フにデザインされた新しい丸型のダ・ヴィンチケ-スに搭載されベストセラ-へと成長しました。
ダ・ヴィンチ
多くのデザインコ-トを踏襲、女性向けのラインナップも充実させ全く新しい世界観を作り上げ2017年にインヂュニアのコレクションも一斉再編して、メルセデスAMGとのパ-トナ-シップに基づくレ-シングウォッチは、先代機よりもクラッシックな雰囲気で表現し、クロノブラフでは、新たな自社製ム-ブメントを採用するなど新たな取り組みもされました。

技術力で1年に2つのコレクションのリニュ-アルを行ったIWCオリジナリティ溢れる製品開発、どれもが標榜する「グロ-ブス・スカフ-ジアシャフハウゼン」の優秀な徹底した精神が宿っています。

 

 

時計記事まとめ
https://www.gem-linejapan.com/watch

 

 

IWCのホームページ
https://www.iwc.com/ja/home.html