お役立ち情報2019年05月23日

ヴァシュロン 時計探訪 ~有名ブランドの歴史を知ろう~ Vol.16

**** ヴァシュロン ・ コンスタンタン VACHERON CONSTANTIN ****

ジャン=マルク、ヴァシュロン。フランソワ・コンスタンタン。ジョルジュ=オーギュスト。

左よりジャン=マルク、ヴァシュロン。フランソワ・コンスタンタン。ジョルジュ=オーギュスト。

ヴァシュロン・コンスタンタンは、オーディマピゲ、パテックフィリップ、に並ぶ世界三大高級時計の一つです。

1755年にスイスのジュエネーブで、ジャン=マルク・ヴァシュロンにより創業されたブランドで、創業からずっと時計を作り続けてきた、世界最古の時計メーカーの一つとされています。1819年に、ヴァシュロンの孫のジャック・バルテルミが、フランク・コンスタンタンを共同経営として迎えました。
経営手腕に優れ、営業力もあったフランソワ・コンスタンタンにより、ブランドはヨーロッパ各地をはじめ、アメリカやアジアへも進出しました。
1839年に、製造技師のジョルジュ=オーギュスト・レショーが経営に加わりました。
ジョルジュ=オーギュスト・レショーは、同じ形を転写、拡大縮小できる工作機械の「パンタグラフ」を発明し、時計作りの可能性を引き上げましたが。
1880年には、「ヴァシュロン・コンスタンタン」初の複雑時計の形だった「マルタ十字」を商標登録しました。
1906年に、鐘の音で分単位に時報を鳴らす「ミニッツリピーター」を製作しました。
1935年に、部品数820という、世界一複雑な時計「グランド・コンプリケーション」をエジプト王への贈り物として製作しました。創業200周年となる1955年には、厚さ1.64mmの世界一薄い機械式ムーブメントを発売しました。

カリスタ
1979年に当時最高値がついた腕時計で、総カラットが130カラット118個のエメラルドカットのダイヤモンドを使ったモデル「カリスタ」を発表しました。
2004年に、ジュエネーブ近郊のブラレワットに最新工場を設立しました。
2012年に自社の歴史的トノー型時計「マルタ」シリーズを一新しました。
2013年に「ミニッツリピーター」で最も薄い3.9mmのムーブメント「エクストラフラット・キャリパー1731」を発表しました。

 

 

ヴァシュロン・コンスタンの定番モデルご紹介

パトリモニー
パトリモニー

パトリモニーは250年以上もの歴史を誇るヴァシュロンの伝統を強く受け継いだ正統派コレクションです。クラシックな雰囲気を放つ2針/3針のデザインに加え、一切無駄のない調和のとれたプロポーションです。デザインコンセプトは1957年に手がけていた伝統的なドレスウオッチのリバイバルです。クラシカルでシンプルな見た目から、パトリモニーは古くから存在する伝統的コレクションに見えますが、初登場は2004年になります。

 

 

オーヴァーシーズ
オーヴァーシーズ

1977年、ヴァシュロンはブランド誕生222周年を記念し、オーヴァーシーズの原型ともいえるモデル「222」を発表しました。このモデルは222本限定と数が少なかったこともあって短命でしたが、そのデザインや機能性を受け継ぐ形で1996年に「オーヴァーシーズ」が産声を上げました。それ以来20年以上にわたって、オーヴァーシーズはヴァシュロンンの中でも人気モデルになりました。洗練されたデザインとアクティブな現代のライフスタイルにも最適な本格スポーツウオッチオーヴァーシーズはヴァシュロン・コンスタンタンでも一二を争う人気を誇るモデルです。
日常生活で使いたい一本なのがこのオーヴァーシーズ。渋めの色合いが多く、使う毎日に愛着湧いてくる時計です。

 

 


ハーモニー

ヴァシュロン・コンスタンタンは創立260周年を記念して、「ハーモニー」と名付けた新作コレクションの最初の7つのモデルを発表します。限定生産されるこちらのモデルは、1928年発売のクロノグラフから着想を得たクッション型ケースとデザインを特徴です。

現在風にアレンジされたこれらの時計は、設計、開発、製造をすべて自社で行った新しいキャリパーによるモノプレッシャー、クロノグラフ機能を搭載しています。
ヴァシュロン・コンスタンタンの260年の歴史を祝うのにふさわしいモデルを生み出すために、設計者たちは、ジャン=マルク・ヴァシュロンが1755年に、当ブランドが所有してきた、さらに古い最初の懐中時計のテンプ受けを飾っていたアラベスク模様に想いを得た、独創的なモチーフを考案しました。

 

 


マルタ

「マルタ」は、2000年に誕生しました。ヴァシュロンの中でも人気モデルとなっています。
「マルタ」はヴァシュロン・コンスタンタンの中でも特徴的な形状をしています。まずシンボルである「マルタ十字」がポイントであり、独自の個性を明確にしています。
現在的なデザインと伝統的技術が掛け合わされているところです。そのため流行、男性女性問わず幅広い層に人気となっています。

 

 

ヒストリーク
ヒストリーク

2007年、ヴァシュロン・コンスタンタンは、ヒストリーク・クロノメーター、ロワイヤル誕生100周年を記念して、「ヒストリーク」コレクションに新たに「クロノメーター・ロワイヤル1907」を加えました。
100周年にあたるこの年に発表されたクロノメーター・ロワイヤル1907は、当時のエスプリを反映し、職人技を活かして製作されました。100本限定生産のこのモデルは、クラシックなケースデザインと、時計製造の純粋な伝統に則った「グラン・フー」エナメル装飾の文字盤が特徴です。現在もメゾンの「ヒストリーク」コレクションにラインアップしている「クロノメーター・ロワイヤル1907」はスイス公式クロノメーター検査協会「COSC」の認定を取得しています。

 

 

メティエ・ダール
メティエ・ダール

メティエ・ダールとはフランス語で、職人技の芸術という意味で、それぞれにコンセプトが存在します。時計とジュエリーに用いられる装飾技術を讃えた「メティエ・ダール」コレクションは、芸術、歴史、そして文化からインスピレーションを得ています。マニュファクチュールの熟練した職人たちが極めた真の芸術作品は、世界に通じる創造性と代々受け継がれてきたノウハウを物語っています。

 

 

まとめ
ヴァシュロン・コンスタンタンは260年の歴史をもつ世界最古の時計ブランドでありながら、今も進化し最先端を進むブランドです。
普段使い出来るオーヴァーシーズからオンリーワンのドレスウオッチまで、これからの新作コレクションも注目です。
 

 
時計記事まとめ
https://www.gem-linejapan.com/watch
 

 
ヴァシュロン・コンスタンタンのホームページ
http://www.vacheron-constantin.com